質の高い眠り?

スリーピオンが創り出す最適な睡眠環境 「胎内」 のメカニズム

「音」

本体には、16曲の風や川のせせらぎなどの自然を連想させる曲が入っています。

実は、この全ての曲の中に、胎児が胎内で聞いている母親の生体音が組み込まれています。

実際に耳では聞き取れないくらい小さな音ですが、サブリミナル効果のように、無意識に

脳が認識し、リラックスできるように作られています。


「光」

スリーピオンは、30ルクス前後の微弱な光を自然界の揺らぎにちかい状態で発光させています。

真っ暗にして睡眠を取る方も多いですが、本来、昼行性である人間にとって、暗闇というのは、

外敵から襲われる危険性が最も高くなる環境であり、本能的に恐怖、不安を感じるようになっています。

逆に月明り程度の光は、一定の視界が確保できるため、安心して休息が取れる環境と言えます。

30ルクスは、月に近い明るさであり、人の睡眠に最も適した明るさなのです。

また、母親の胎内にいる胎児は、妊娠24週目頃から外の光を感じるようになると言われています。

この時、胎内の明るさは0~50ルクスと言われており、スリーピオンの光が胎内にも近しい明るさであることが分かります。


「香り」

胎内では、外界の匂い、香りを感知することはできませんが、一般にアロマによるリラックス、入眠促進効果は広く知られています。

スリーピオンに付属している3種(ラベンダー、ゼラニウム、ヒノキ)のアロマは、100%天然のエッセンシャルオイルで、最もリラックス効果が高いと考えられる最高品質のものを使用しています。

胎内に近い「音」「光」の環境に加え、天然のアロマを用いることで、心地よさを実感し、良質な睡眠に向けた相乗効果を生み出します。